フリーランスはじめました

「どこで/いつ/なにを」するのも自由!な仕事の選び方を始めたフリーライターのブログです ;-)

【初心者ド素人がFXを1週間やってみた】意外と稼げる!実際の利益を公開

f:id:xxennuixx:20180930015256j:plain

こんにちは、yukoです!

相変わらずクラウドワークスでコンスタントに月10万円前後を稼ぐ日々を過ごしております。

 

が! 本日はクラウドワークスのお話ではなく、1週間前に始めたばかりの「FX」のお話。

そう、私なんと、ついに、この度FXデビューを果たしちゃったんです~♡

 

これが(自分の中で)どれくらいスゴイかってね、

  • これまで金融のことは何一つ積極的に学んだことがない
  • 正直「円高・円安」も「どっちだっけ?」レベル
  • ぶっちゃけ「マイナス金利」が何のことなのかも分からない

恥を忍んで言いますが、ほんとリアルにこんな状態だったんですよ私。

 

そんなズブのド素人&初心者な私がなぜFXに手を出す気になったのか、そして実際に始めてから1週間でどれくらいの金額を稼ぐことができたのか、今回はズバリ公開していきたいと思います。

「FXって1日で数百万円稼げちゃうこともあるんでしょ!?」という方にとってはガッカリしてしまう結果かもしれませんが、「どうせFXって始めてもしばらくは勝てないんでしょ?」という方からすれば、ちょっぴり希望が湧いてくるかも…!な内容です♪

 

ちなみに(念のために)この記事は「初心者でもコレを使ったらこんなに稼げるよ!」的なツールや商材を扱うものではないので(笑)、最後まで読んでも「なぜ稼げたのか」の答えは出ていません。

ただ、「一応私はこうやってみたよ」という方法論は記録として残しています。

もし私と同じ初心者の方で「FXが気になってるけどイマイチ踏み出せない…」という方がいらっしゃれば、「こういうケースもあるんだな~」レベルで参考にしていただけると嬉しいです◎

 

 

初心者ド素人な私がFXを始めた理由

そもそも私がFXに興味を持ったのは、その少し前にライフメディアというお小遣い稼ぎサイトで、ポイント欲しさに「じぶん銀行」の口座を開設したことがきっかけでした。

口座を開設すると1,500ポイント、さらに外貨預金に50,000円以上の入金でプラス9,000ポイント!

合計10,500円分ものポイントがもらえる♪ということで、いそいそと手続きをしたわけです。

 

しかし私、この時点で外貨預金を利用するのが初めて。

どの通貨を選べば良いのかも分からず、1番馴染みのある米ドルにとりあえず50,000円を入金しました。

そのときに表示された画面の注意事項を要約すると、「預けたときより円高の為替レートで払い戻したら、そのときには元本割れしちゃうことがあるよ~」とのこと。

ここでようやく「円高…円安…!」とその概念自体を思い出し(←)、検索してかろうじて円高であろうタイミングに入金し、ポイントの付与を確認してからなるべくそれよりも円安のレートで払い戻そうと為替をチェックする日々(!)がしばらく続きました。

それだけお金のことで損するのは絶対にイヤだったわけですね。

 

ウォッチの甲斐あって、無事円安で米ドルから円へ払い戻すことに成功。

そしてふと残高を見ると、50,000円が50,313円に増えています。

え?この313円どこからきた……?

⇒【正解】為替差益

 

ということでね、気付いたわけですよ。

お金をあっちからこっちに動かすだけで、簡単にお金を増やすことができる…!

 

でも、調べてみると外貨預金は銀行側に支払う為替手数料がかなり高くて、「為替差益を狙うならFXのほうがおすすめだよ」と書いてあるWebサイトばかり。

そんなにみんなが口を揃えて言うのなら、そのFXとやらをちょっと覗いてみようじゃないか!と思って、この度FXデビューしてみる気になったというわけなのです。

 

実践までの勉強期間は3日

これはFXの用語ややり方を解説する記事ではないので詳しくは省略しますが(というか初心者すぎて解説なんてできませんが)、FXには始めるからには押さえておかなければならない最低限の知識というものが割とたくさん存在します。

用語ひとつとっても聞き慣れないものばかりですし、誰でも多かれ少なかれ最初は勉強期間を設けるものなのだそうです。

 

そのため私もネットサーフィンレベルで拾い読みを繰り返し、よく出てくる単語の意味くらいならなんとなく掴んだかな…?という程度にはなりました。

しかし、普段から「やりたい!」と思ったらもうその瞬間に、すぐ実践してみたくてたまらなくなるようなところがある私。

「まぁ~やってみて分からないことがあればその都度調べたら良いんじゃないの?」というメンタルにどんどん傾き(笑)

勉強を開始した初日のうちから、すでに1つ目のFX口座(外為どっとコム)の新規申し込みを行い、開設が完了するまでの間はそこが提供してくれているアプリでデモ取引を試してみることにしました。

 

このデモは実際の自分のお金ではなく、アプリ内に最初からセットされているお金でFXの取引を行うことができるもので、それ以外は使用する通貨もレートも現実と同じなので、学習と慣れが必要な初心者にはかなりありがたいツールのひとつです。

ここで大まかに取引の流れや操作の仕方をチェックしつつ、口座開設を申し込んだ翌々日、早速郵送でログインに必要なIDとパスワードが到着!

 

これはもう、やるしかないでしょう!(?)

ということで、早々にデモ取引を切り上げ(幸い特につまづくところもなかったので)いざ実践ー!

 

1週間(月~金の5日間)で6万円弱稼げた!! 

飛び込んだ現実のトレード結果はというと…これはもう、見出しの通りです!(笑)

なんとなんと、5日間でトータル 59,799円、1日あたり1万円超えの利益を確定することができました。

自分でも信じられません。

実践に移ったとき、漠然と「最初は1日1,000円を目標にしよう~」と考えていたのですが、いきなりまさかの10倍以上です。

 

しかも、稼げた日と稼げなかった日のムラがあったわけではなく、コンスタントに毎日1万円ずつ稼いでいった感じで、十中八九ビギナーズラックだとは思うのですが「それにしてはやけに安定しているな…」という印象があるのも事実。

 

どういう作戦で稼いだのか

さすがの私もノープランで実践に飛び込んだわけではなく、自分なりに「こうすればある程度はリスクを抑えて利益を得ることができそうだな」という方法を考えた上で、現実の取引に挑みました。

具体的にはこういう感じ。

  • 通貨ペア:米ドル/円
  • 通貨単位:1万通貨
  • 作戦:IFDで注文を出し、レートが0.1(10pips)動いたら決済する

 

作戦の部分をもう少し丁寧に説明すると、「IFD」というのは「もしレートがAになったら買う(売る)、そしてレートがBになったら売る(買う)」というように、売買の指示をセットで出す注文スタイルのことです。

新規の注文も決済も、自分の希望のレートで予約しておくことができるので、チャートに張り付いている必要がなく楽チン。

 

また、米ドル/円の場合「レートが0.1(10pips)動く」というのは1日のうちにものすごーく頻繁に起こる話で、たとえば1ドル=110.350円が1ドル=110.450円になれば、それで達成です。

私は1万ドルで売買を行ったので、0.1(10pips)の為替差益はちょうど1,000円になります。

 

あとはレートが今より上がると思えば買ってから売るIFD注文を、下がると思えば売ってから買うIFD注文を出しておけばOKで、その方向は私の場合、完全にチャートが伸びている方向で決定していました。(順張りというそうです)

たまに自分が思った方向にレートが動いてくれなくても、ある程度行ったり来たりしている範囲で値を指定しておけば、しばらく待つことでまた方向が変わって自分の指定した方向に動いてくれます。(ただしこれはリーマンショック級の大混乱が起こると通用しなくなると思います)

 

1回の取引が終われば1,000円の利益なので、それを10回繰り返して1万円。

そんな感じで地道にコツコツ積み重ねていきました。

 

必要な資金はどれくらい?

FXにはロスカットという仕組みがあり、自分の予想した方向と逆方向にレートが動いたとき、損失を一定の金額に抑えるためFX会社が強制的に決済を行うことがあります。

逆に言えば、ロスカットが決行されず、自分でも決済を行わない限りは、どんなに含み損が膨らんでもその損失は確定ではありません。

またレートが戻ってくるのを待って、利益に反転した時点で決済することで、必ず勝つことができます。

 

でも実際にはどのFX会社でもロスカットが導入されており、このロスカットを避けるには、自分の出した注文に必要な証拠金の額とFX口座に入れている純資産の額のバランスが、FX会社指定のバランスよりも悪くならないように気を付けておくしかありません。

ざっくり言えば、FX口座にある程度たくさんのお金を入金しておく必要があるということです。

もしくは、そんなにたくさんお金がないのであれば出す注文の数を常に少なく保っておく必要があるということです。

 

私の場合は、次のようなマイルールでロスカットに対するリスク管理を行っていました。

 

(外為どっとコムでの条件)

  • 米ドル/円1万通貨の必要証拠金は4.5万円
  • ロスカットは口座の有効比率100%以下=口座のお金が4.5万円以下になったら実行される

⇒ 1万通貨の取引に対して10万円のお金を用意しておく

 

10万円あれば、そこから必要証拠金を引いた余剰資金が5.5万円残ります。

これは5.5万円分なら、レートが自分の予想とは逆に動いてもロスカットにならないということを意味します。

5.5万円分の動き=1万通貨の場合、レートに換算すると5.5円分です。

つまり1ドル=110.350円のとき、買い注文なら104.850円まで、売り注文なら115.900円まではレートの変動に耐えられるということですね。

 

過去のデータを見ると米ドル/円の1日の変動幅はせいぜい1円程度で、5.5円も一気に動くことはそうそうないと判断しました。

もちろん数ヶ月単位、年単位での長期運用を考えているなら5.5円の値動きも想定しなければなりませんが、私の作戦は1日か持ち越しても2~3日で決済するという内容だったので、それだけ余裕を持っておけば十分だろうという結論に至ったわけです。

 

実際まだ1度もロストカットには遭っていませんし、ロストカットされるのが心底怖いのでリスク管理にはかなり神経を使っています。

FXを始めてみて思ったのは、いくら利益が出るかよりもむしろどれだけリスク管理を行うかのほうに気を取られるというか、それで頭の中がいっぱいになってしまうというか(笑)

こんな私のようなタイプはもしかしたら本来FXには向いていないのかもしれませんが、だからこそ初めてだけどある程度順調に稼げているのかなぁという気もしますし、結局のところよく分かりません。

 

ひとまず事前に想定していた(1,000円)よりはめちゃくちゃ稼げるということが分かったので、来週も引き続き張り切っていこうと思います!

そしてまた気が向いたら、実践結果をこちらでもご報告します◎