フリーランスはじめました

「どこで/いつ/なにを」するのも自由!な仕事の選び方を始めたフリーライターのブログです ;-)

楽して稼げる道は本当にないのか!? FX自動売買に挑戦してみる

f:id:xxennuixx:20190128034210j:plain

 

お久しぶりです!yukoです。

 

実は昨年の9月末に1回「FXを始めてみたよ」という記事をUPしていたのですが、そのときの手法があまりにビギナーズラックでしかなかったというか、それを見て「初心者でもそこそこ稼げるなら始めてみようかな?」と思われる方がいるとFXに対して根本的な誤解をさせてしまうのでは...と危惧しまして、今は一旦公開を取りやめています。

 

 

確かに1週間で6万円弱稼げた、でも...

まずはこれをご覧ください。

 

f:id:xxennuixx:20190128012820p:plain

 

f:id:xxennuixx:20190128012905p:plain

 

私がFXを始めた2018年9月24日から、28日まで(FXの営業時間的には29日の朝6:00まで)の平日5日間の稼ぎです。

2つのFX会社を利用して、トータル59,970円の利益を確定しております。

 

でもこの稼ぎ、今思うと99%「運が良かった」だけでしかなく、自分なりにきちんと考えたFXの手法があるわけではありませんでした(当時は「手法」だと思っていたんですけどね、それはただの「当てずっぽう」っていうんだよと過去の私に教えてあげたいです)

 

参考までに...当時のやり方は、「あ、今ドル円上がってるなぁ」→ドル円ロングエントリーという超絶シンプルな順張りで、一応移動平均線とMACDも見ていましたが、これといった根拠はない感覚トレード。

エントリーに根拠がないからどこで利確する・損切りするというラインも決められるはずがなく、レートが逆行すると「どうしよう、どうしよう…」とハラハラしつつもひたすら見守り、運良く戻ってきたところで利確というダメなトレードの見本市状態でした。

 

それでも運命のいたずらなのか、日々の成績だけ見るとわりと順調で、2018年12月の段階で確定した利益はなんと50万円超え!

ただし、その12月にトータルでほぼ同額の損失を出し、収支はきれいにプラマイゼロへ。

 

50万円儲けた、そして50万円失った

失うときってね、本当に一瞬なんですよ。

私がFXで負けた主な要因は、

  • 海外FXに移行して身の丈に合わないハイレバを行った
  • 資金管理の甘いナンピンを行った
  • そもそもきちんと自分の手法を確立できていなかった(感覚でトレードしていた)

この3点に集約されると思います。

ハイレバもナンピンもそれ自体が悪なのではなく、私の使い方が悪かっただけなのでそこは誤解しないでいただきたいのですが、原因が何であれとにかく私は50万円を失いました。

 

幸いだったのは、その50万円が偶然FXで稼いだ利益とほぼ同額だったことです。

元手にまで損失が及んだわけではなく、FXを始めた当初から見れば私は何も損をしていません。

 

でも、その50万円は決してラクして稼いだお金というわけでもありません。

すべては自分の未熟さゆえの自業自得ですが、正直FXを始めてから日々のストレスが激増し、レートの行方が気になってスマホを手離せなくなり、睡眠時間も減り、何かに憑りつかれたように知識を求めて情報収集と勉強に励み…

その結果、自分が本来手に入れたい生活とは180度違う日々を延々と送ってしまっていました。

 

好きな趣味の時間も返上で、ただひたすらFXだけに費やして得られた利益が50万円。

そう思うと手離しでは喜ぶことができませんでしたし、最終的にはその利益すら手元に残らなかったわけですから、気分的には完全なマイナスです。

もちろんFXを通して学んだこともかなり多く、自分にとって画期的な新しい世界がひとつ開けた(投資・投機でお金を増やすことを体験として学べた)、各国で今何が起こっているのかについて心から興味を抱くことができるようになったというのは大きな収穫だったと思っています。(FXを始めていなければ、イギリスのブレグジットのことやトルコの大統領がどんな人かなんて絶対に自分から調べようとは思わなかったでしょうしね)

 

だからまぁ、金銭的なことだけでなくそういった諸々も含めてプラマイゼロ。

私にとって人生初のFXへの挑戦は、そこで一旦幕を下ろしました。

 

裁量がダメなら自動売買はどう?

プラマイゼロになって、ちょうど年末年始で本業もお休みだったので、今後のFXのやり方についてあーでもないこーでもないと色々検討しました。

そう、私はまだFXを諦めたわけではなく、やっぱりどうにかして自分の人生に生かしていけたら良いなぁと考えているんですよね。

 

失敗の経験から、根拠のあるエントリーを行わなければそもそもダメだということには気付いていたので、条件が整えば機械的にエントリーを行うようにしたい→優位性のある条件を探りたいということで、自分でEA(自動売買プログラム)を作って何十回とバックテストを繰り返しました。(元SEなのでプログラミングにはそこまで時間がかかりません)

 

しかし、私が行った範囲では「これなら勝てる」と自信を持てるほどの条件を導き出すことはできず、そのうち「結局レートがどっちに行くか予想するなんて最初から無理なんじゃないか」と思うようにすらなりました。

 

それと並行して、「どうせ機械的にトレードするなら、わざわざ自分で操作しなくてもEAにお任せすれば良くない?」とも思うようになって、本格的にEAを導入するならその道のプロが作ったものを利用したい!ということで、世の中にどんなEAがあるのかを見てみることに。

 

辿り着いたのは結局リピート系

FXのEAには大きく分けて次の2種類があります。

  • 特定の条件でエントリー&利確する「プログラム系」
  • 決まった値幅でエントリー&利確を繰り返す「リピート系」

このうちリピート系は要するにナンピンを行ってレートがそこに戻ってくるのを待つという形になることが多いので、最初は候補に入れていなかったんですよね。

想定したレンジ内でレートが上下すれば確かに安定して利益を積み重ねることができますが、戦略上どうしても常に含み損を抱えることになるので、レートが大きく逆行するとそれだけ口座に入れておかなければならないお金も増えます。

元手が少ない私にとってはそれがネックで、あと心理的にずっとポジションを持っているスタイルというのが自動売買といえども落ち着かないなぁ…という印象だったんです。

 

実際、FXを始めた当初にアイネット証券の「ループイフダン」というリピート系のツールを利用していた頃があるのですが、当時の感覚としては「効率が悪い」のひと言に尽きました。

ただ、当時の私は少々リスクを取りすぎなハイレバ寄りの思考になっていて、「年利20%?低すぎ!」という感覚で判断していたという背景があるので、今改めてリピート系を見直すと...

  • 過去10年ほどの値動きから出した最高値と最安値のレンジで運用するなら、そこまでリスクが高いわけでもない
  • リスクを減らして運用する場合、元手が少ないと得られる利益もかなり少なくなるが、年利10%ほどの利益でも、基本的に放置でそれだけ稼げるならかなり上等
  • FXに付き物のストレスや分析の時間をかけずにお金を稼ぐ→ある意味私の理想

あれ?意外と良いんじゃない??

 

なんせ、もう起きている間中ずっとストレスに苛まれる生活には懲り懲りですし、FX以外にやりたいことも山ほどあります。

もうひとつの自動売買、プログラム系にもかなり興味があり、今デモで色々と試している最中ですが、ひとまずリスクさえきちんと管理すれば安定して利益を出せそうなリピート系のほうから始めてみても良いかも、ということで。

 

1/28(月)からループイフダン(AUD/NZD・B40)をスタートします!

リピート系には、有名どころだけでもトラリピ・トライオートFX・トラッキングトレードなどなど各社から様々なツールが提供されていますが、色々考えた結果今回私が選んだのはループイフダン。

  • 通貨ペア:AUD/NZD(豪ドル/ニュージーランドドル)
  • 売買タイプ:買い
  • 利確までの値幅:40pips

なんでループイフダンなのか、なんでAUD/NZDなのかなどなど、選んだ根拠はまた次回の記事でお伝えしたいと思っているのですが、それと合わせてこのブログでは私がこれからの自動売買で稼げた金額もその都度報告していけたらなーと考えています。

稼げた金額じゃなくて、損した金額になる可能性も多いにありますけどね...(白目)

 

今や本業のクラウドワークスのほうも、まだまだ現役で毎月10万円程度をコンスタントに稼いでおりますので、そちらの話もまたそのうち!